パフェを食べよう

パフェを食べよう


    ・概要
     甘い物が食べたいです。
     パフェでも食べましょう。

    ・必要経費
     4000円

    ・用意するもの
     胃袋

    ・必要人数
     二人(できればもっと)

    ・書いた人
     志




    志「パフェを食べに行きたいね」
    建「いいね、いつ行こうか」
    志「大至急」
    建「今!?」
    志「ウソウソ、君には無理だよね」
    建「行ってやろうじゃないか」

    予定調和の売り文句に買い文句です。
    いつも通りです。


    (中略)


    さて、注文したパフェが到着しました。
    甘いものは大好きです。
    それではいただきます。


    遠近法

    いやぁ、このパフェ意外と大きいですね。
    食べ応えがあります。


    あれ?
    気のせいかな? 大きすぎる気がします。
    いやいや、気のせいじゃありません。
    確かにバカでかいですよ。



    サイズ比較

    でかすぎですよ


    と、いうわけで今回は巨大パフェです。
    平塚はオリンピック内にあるピア・ジョリーというお店まで来ました。
    ちなみにこのパフェ、一つ3000円もしやがります。


    スーパージャンボパフェ

    隣のジャンボパフェが小さく見えます。
    実際はそこそこの大きさなのですが。

    建と二人で攻略にかかります。
    何故か、初っ端からアイスが溶けてます。早く食べないと。
    まずは上に乗っているサクランボ。
    軽く食べてパフェに刺さっているアイスのコーンも食べます。
    缶詰らしきフルーツも平らげます。
    そして抹茶アイス、バニラアイスのコラボレーション。ご丁寧に小豆も乗っています。
    トロトロと溶けつづけるアイスクリーム。二人してパフェをつつきます。

    建「爆弾発言していい?」
    志「いいよ」
    建「甘いもの、そんな好きじゃないんだ」

    四の五の言わずに食べなさい。
    アイスを食べ終わると中にプリンが入っています。
    妙に硬いプリンでしたが、ペロっと食べて掘り進みます。

    建「よくそんな食べられるね」
    志「食べるときに、何も考えないのがコツ」

    その下にはまたアイス。アイスが嫌いになりました。
    アイスの下には定番、コーンフレークです。
    このフレークの食感は口の中に新しい刺激をもたらしてくれます。
    もうちょっと頑張れるかもしれない、と思えます。

    フレークをさらに掘ると、何やらケーキのスポンジのようなものが出て来ました。
    これは・・・・・・ホットケーキです!
    パフェの中にホットケーキを入れるとは。
    なんて余計なことをするんでしょう。嫌いなものが増えました。
    新食感だったコーンフレークも、ふやけて微妙な物体になりました。

    この辺りで、周りの視線に気付きます。
    わざわざ振りかえって凝視してる人。チラチラ見る人。
    どうということもない、いつものことでした。

    ホットケーキを食べ、最下層に近づきます。
    ここでバナナの登場です。
    固体はきついです。

    この辺りになると記憶が曖昧です。
    人間、生きていく上で不都合なことは覚えないように出来ているらしいです。

    最後にすっぱいのを食べたような気がします。
    写真からしてブルーベリーのようです。
    どうでもいいです。

    二人とも気持ち悪くなりながら、パフェを完食。



    13分で食べました。

    パフェとは、何て男らしい食べ物なんでしょう。
    女子供ではとても手が出せないような代物です。

    アイス酔いしながら、二人で帰りました。





    ・結果
     アイスを許容量を超えて摂取すると、酔う。
     勢いだけで行動するとロクな目に遭わない。
     空腹でアイスを大量に食べると、背骨が痛くなる。
     それでも食べつづけると、肩が痛くなる。




    戻る



inserted by FC2 system