チョコレートを食べよう

チョコレートを食べよう


    ・概要
     バレンタインなのでチョコレートを食べます。
     別に誰からもチョコレートを貰えないからではないです。
     本当です。

    ・必要経費
     6000円くらい

    ・用意するもの
     しょっぱいもの

    ・必要人数
     20人くらいいればよかったのに。

    ・書いた人
     志


    2月14日はバレンタインデーです。
    だからチョコレートを食べます。
    何も間違っていません。

    というわけで、チョコレートを買ってみました。
    義理チョコの定番、チロルチョコです。


    6種類


    ただし100個ずつ

    ミルク、コーヒーヌガー、きなこもち、ミックスベリー、シナモンオレ、ストロベリー

    包装を破ると、香しいチョコレート臭が広がります。
    同時にきのこの山を思い出しました。
    きのこパーティーのときは味が一種類だったために
    すぐに飽きてしまいましたが、今回は6種類もあります。
    きっと大丈夫でしょう。


    箱の中身。

    箱を持って気づいたのですが、意外とチョコレートって重いです。
    ずしりとした感触に不安を覚えますが、別に一人で食べるわけではありません。
    チョコレート処理人員を召集しています。

    召集しているはずなのですが、誰も来ません。


    暇つぶしに並べる。

    2時間待って、結局3人しか来ませんでした。薄情な奴らです。
    義理チョコなんですから、義理で食べに来て欲しいものです。


    腹いせに積んでみる。


    上から。

    壁紙サイズ

    来ない人を待っていても仕方ないので、食べ始めます。
    コーヒーヌガーを口に放り込んでモグモグすると、
    中にキャラメルのようなものが入ってました。
    なんでこんなもの入れるんでしょう。
    ミルクチョコを食べると何故か安心します。

    そんなことを言ってられたのも10個までで、
    それを超えてからは惰性で食べつづけることしかできません。

    妙にチョコレートの臭いが鼻につくと思い、
    ちょっと外の空気を吸ってみましたが何の事は無いです。
    自分からチョコレート臭がしてました。

    20個を超えてからは「何が目的でこんなものを」と、
    チョコレートの中にモチやキャラメルを入れた人を恨み。
    25個を超えてからは「何が目的でこんなものを」と、
    チョコレートを作り出した人を恨みだします。

    甘いものは別腹に入るらしいですが、別腹に大した容量はないようで
    結局、30個を食べたところでギブアップ。
    他の参加者の顔がカカオ色になってました。

    口直しにカップメンを食べましたが、チョコレートの味しかしませんでした。




    ・結果
     別腹に入るチョコの数は30チロル。
     バレンタインに、チョコを沢山貰う人がこれっぽっちも羨ましくない。
     お腹を壊す。



戻る



inserted by FC2 system